2014-07-08

Papers, Please一応完走


一時期話題にもなったPapers, Pleaseですが、今年のSteamサマーセールで買ってから

ちびちびニコ生でやっていて、ついに一応最後まで終わりました。

一応というのも、このゲームはひたすら入国管理官になって書類を捌くお仕事なんだけれど

エンディングは20種類もあるほど実は分岐も結構あるようで

さすがにそれをフルコンプリートするほどの元気もないので一応完走という形にしたよ。


この先ストーリー的ネタバレがあるので注意!!





特に放送中では言わなかったけれど最初はEZIK(だっけ?)に協力して国境開放ENDを

狙っていたんだけれど、入国させるべき工作員の名前を忘れて

追い返しまくったりしたため、最終的には敵対関係になっていたらしい。
    (最後の枠の"夢"で殺されたのも多分それ)

ということで、途中からオブリスタン脱出ルートに切り替え、どんどんオブリスタンのパスポートを

押収してアルストツカから脱出しました


オブリスタン万歳!!





一見間違い探しの作業ゲーかと思えば突然シューティングになったり

謀略に協力させられたりと入国管理官って大変なんだなと実感させられたゲームだった!

みんなも海外旅行なんかに行くときはちゃんと書類を整えてから行こうね!!




さて、このPapers, PleaseはSteamにて9.99ドルで販売中。
    (SteamストアのPapers, Pleaseのページに飛びます)

画像を見ればわかるけれど日本語にも対応しているゲームなので

英語アレルギーの人でも安心設計!

どうしてもいますぐ入国管理のお仕事をしたくて夜も眠れないとかいう人以外は

よくセールで安くなっているようなのでそれを待つのをオススメします。

0 件のコメント:

コメントを投稿