2014-07-04

Rail Nationを終えて


ブログを始めて最初の話題が終末的なのもどうかと思うがシカタナイネ。

4月の始めからRail Nationなる(ドイツ産?)ブラウザゲーをぼちぼちやっていました。


どんなゲームかと言えば

都市が要求する物資を機関者で運びまくり、都市をレベルアップさせたりお金を稼ぐゲーム。

同じ都市出身のプレイヤーが仲間で、他の都市がライバルチームといった感じ。

稼いだお金で新しい機関者を買ったり、研究や産業に投資ができる。

現実の時間で2週間が経つと新たな時代へと進みより高性能な機関者や

運ぶべき物資が増えたりする。

時代は6まであり、最終的にトップの方にいた都市で最終ゲームが始まる。

そして今日、その最終ゲームが終わり、1ゲーム(ラウンド)終了した。




最終ゲームを終えて─




4月に始め、7月まで、およそ3ヶ月に及ぶ長い戦いがやっと終わった。

一言でまとめると

疲れた!

というのもゲーム自体は戦略性とかもあって面白かったんだけれど

なんせページにアクセスしてから時間が経つにつれて動作が重くなるんだよね。

これがなければもう1ゲームやってもいいんだけれどさすがにもういいかな。

なんにせよ1位になったホールズワースの人たちおめでとう!

最終ゲームが7/1の午後9時ぐらいから始まって1,2週間ぐらいかかるもんかと思っていたら

あっさり終わってびっくりしたよ。

ちなみに僕はオールドタウンで終始頑張っておりました。

ちなみに上の画像のランキングだとオールドタウンは9位、ワースト2位でしたとさ。

無念!


さて、ゲーム序盤からまったりやっていた1個人が大体どのぐらい

駅や研究が終わったのか見てみると




所有車両


・オリンパス号 2編成
・ケンタウロス号 3編成
・ポセイドン号 1編成
・ワルキューレ号 1編成(ボーナス機関車)

ゲーム終盤までいくら宝くじ削ってもボーナス機関車が出なくて泣きそうだったけれど

最後の最後に出てくれてよかった!




線路網


序盤は農業、中盤は鉄産業に執着していたというのもあってかなり地元密着型でした。

終盤の石油系列が近場に出なかったというのもあってその辺りから各地へ線路を伸ばして

こんな形になりました。




My Station


線路工場と認可書取引所、ショッピングセンター以外はすべてアップグレードが終わりました。

宝くじ売り場は何が基準でレベルが上がるのかよくわからなんだ。




研究ツリー


なんとかゲーム終了までにオリンパス号を開発して投入できた。

しかしフル改造すれば貨車が85両引けるって化け物じみてるね、本当に。

ゲーム始めた時は3両までしか貨車が引けなかったのに…(遠い目




個人成績


終始、ランキングの200位ぐらいを行ったり来たりして最終的に198位ぐらいだそうです。

誕生日が4/10になっているけれど多分これって登録日かな?

しかしアバターがとても鉄道経営者には見えないな…。




都市レベルのランキングだと僕が所属していた都市オールドタウン

41レベルで4位。

中盤ぐらいは2位だったと思うんだけれど他の都市がすごい勢いで追い上げて来たね。



最後に


他都市との競争や、協会同士の協力、産業の所有を巡っての投資合戦など外交や戦略要素なん

かもあって動作が重くならなければまたやりたいと思うゲームだった!

また、気が向いたらひっそりとどこかで鉄道王しているかもねw

0 件のコメント:

コメントを投稿