2014-09-14

箱庭村作りシム『Banished』がベータ版にてModに対応


日本語化MODも登場。英語アレルギーの人も安心!
一見ほのぼのまったりと村を作るゲームに見えるがその実態は一瞬の変化も見逃せない

生き残りをかけた鬼畜村作りサバイバルともいえる箱庭ゲー『Banished』にて最近新たな

ベータ版が公開され、同時にModkitも公開されたらしい。





はやくもいくつかのModが公開されており、生産施設を増やすMODや雨が振った時に画面に

モヤがかかる演出をなくしたり、上の画像のようにゲームの表記を日本語化するMODも

登場しているようです。

なお、Modを使用するにはバージョンをBETA1.0.4にする必要があります。

Banishedをベータに対応させる方法としては、以前のETS2のバージョンを下げる方法とほぼ同じで

大事なデータがある人はベータにする前にバックアップを取ったほうがいいかも?)


SteamのライブラリにあるBanishedを右クリックして「プロパティ」を選択


出てきた画面の「ベータ」のタブから「beta (中略)Version 1.0.4」を選択。

自動的に色々ファイルをダウンロードし始めると思います。

ダウンロードが終了したら起動してタイトル画面に「Mods」のボタンが増えていれば成功。

Modを入れて遊ぶことができます。


楽しい楽しいBanishedライフを!

0 件のコメント:

コメントを投稿