2014-11-20

戦場に兵士をヘリで運ぶお仕事 【ARMA3】


明日はお休みということでゲームしたいな!と思っていたところyukkyさんからARMA3のお誘いが!

とんでもねぇ、待ってたんだよ!ということでARMA3で夜戦とかヘリパイロットをしてきたお話。

(なお夜戦の画像は真っ暗で意味不明なものしか写ってなかったのでお察しください)



ARMA3のマルチではCoop以外にも色々なゲームモードがあるようで今回参加した鯖では

1つの街を3陣営が奪い合い、100ポイント貯めたチームが勝利するといったゲームモード。
(なおゲームモードの名前自体は忘れた模様)

敵を倒したり街を占領に参加、仲間を蘇生や戦場まで運ぶ等、チームに貢献すると

お金と経験値がもらえ、レベルが上がると武器や兵器がアンロックされて貯めたお金でそれらを

購入してさらに戦闘を有利に進めることができる。

ARMA2の頃に遊んだCTIというモードに似ているけれど、最初はみんなライフル兵から始まり

ある程度お金を貯めるとパークなるものが買えるようになる。

どうやらこのパークというのがエンジニアとかクラス(ロール)的な立ち位置っぽい(?)

ゲーム開幕直後、あらゆる陣営のパラシュートが街の空に入り混じる。

目標が1つの街を占領・維持ということで戦闘エリアが限られ、かつ入り組んだ市街地のため

近距離で戦闘が行われることが多い。壁を挟んだすぐ反対側や、サイレンサーの

発砲音が聞こえるぐらい近くや隣の建物に敵が潜んでいるなど、緊張が絶えないまさに戦場!

ブラックホークダウン的な感じで道路に着陸。
左右の座席から兵士がさっと降りて展開するのが燃える!

しばらく歩兵で分隊行動して遊んでいるうちにレベルが上がりヘリコプターが購入できるようになった。

MAPが死ぬほど広いことに定評のあるARMAシリーズ、いくらゲームモードで

戦闘エリアが狭くなっているといってもARMA基準で狭いということなので

ベースから街までとても歩いていける距離ではない。そこで車両を調達するかヘリに便乗するなどの

手段で戦場入りすることになる。

面白そうだったので僕も豆ヘリのパイロットになり最前線まで兵士を運ぶお仕事に転職。

最前線の仲間から街のどの辺で戦闘が起きているかなどの情報を得ながら進入コースや着陸場所を

判断し、ヘリの機動性を活かして兵士を投入する。

ただ人を運ぶだけとはいえうまくやれば戦況を有利に変えれる可能性を秘めた面白いお仕事なんじゃ

ないだろうか。

やはり兵站、インフラは戦争を行う上でとても大事ってことだね!


0 件のコメント:

コメントを投稿