2015-02-11

Wargame: Red Dragonに愉快な仲間がやってきた!



昨日あたりにWargame: Red Dragonの無料DLC第三弾「Norse Dragons」が正式に実装された!

このDLCで北欧3カ国(スウェーデン,デンマーク,ノルウェー)のユニットが増えたらしい。
(フィンランド軍実装はよ)

ということで使えそうな?北欧ならではのキワモノユニークなユニットを紹介してみる。


OTOMATIC自走対空砲

なんと76mmという大口径な速射砲を搭載したイカれた対空砲だ!

イージス艦の主砲を戦車に載せましたみたいな感じだろうか…。


レオパルト2A5のような先端が尖っているのが特徴の砲塔、なんとなく既視感があるな…

どこかに似たようなものがあったような…。


第二次大戦末期にドイツ軍が作った(らしい)自走対空砲
オストヴィントダアアアッ!!



実際にOTOMATIC自走対空砲を使ってみた。

さすが76mm砲というだけあって機関砲ほど連射は効かないが

砲塔の上でくるくる回っているレーダーのおかげか正確に敵機へ弾を打ち込み

文字通り叩き落としている。火力やべぇ…。


が、しかし。砲がでかい分、照準に少し時間がかかるみたいで他の対空機関砲に比べると

ちょっと対応が遅い気がする。かといってレーダー照準なので前に出し過ぎると

対レーダーミサイルが飛んでくるという運用がちょっと難しいところ。

連射もあまり速くないので敵機やヘリがラッシュをかけてくると対応しきれない。

さらに戦場に出せる数があまり多くないみたいなので他の対空兵器もデッキに加えたほうが

いいかもしれない。


AMOS

なんと砲身が連装というちょっとSFチックな自走迫撃砲だ!

ファミコンウォーズに出てきそう。

ちなみにAMOSという名前は砲塔部分の兵器名らしい。

既存のIFVとかの砲塔をとっかえるだけで使えるよーという兵装モジュール的な物っぽい。


さっそくフォイアー!!

連装砲が火を噴き120mmの砲弾が2発、放たれる。

西側の迫撃砲は基本的に81mmとか100mmぐらいなので戦車砲と同じ120mmの迫撃砲は

なかなか火力もあって強そう。


ちょっと弾がバラけるけれど120mm故に爆風も(たぶん)広いからそこまで問題ではないかな?

しかし、他の迫撃砲と比べて射撃命令を出してから実際に撃つまでの照準時間がちょっと

長めなので移動している目標に対しては厳しいかも。

コストが65と迫撃砲にしてはちょっと高めながらも元がIFVなので多少は装甲があるのと

移動速度や燃費も悪くなく、一応主砲からHEAT弾を撃てるので最前線でも活躍が期待できそう。


F-16A MLU

ノルウェー空軍が誇るなんでも出来る戦闘機だ!

搭載兵装は20mmの機関砲はもちろんのこと

地対空ミサイルのマーベリックが4発!

さらに今なら

ロングレンジのAAMも4発つけちゃってコストはなんと160!!
※AAM =対空ミサイル

防空任務で呼んでよし!CASで呼んでよし!まさにマルチロール機とはこいつのことだ!


もうこいつだけでいいんじゃないかな…

0 件のコメント:

コメントを投稿